大阪でおすすめの日本料理店を探そう

世界で注目され始めた日本料理。日本料理というと京都の懐石料理をイメージしますが、大阪でも本格的な日本料理をリーズナブルに楽しむことができるレストランはあります。
日本料理は、昔ながらの技法やレシピを使ったものも人気がありますが、洋食や中華の影響を受けて、独自に発展した独創性のある創作料理も数多くあります。
洋食や中華のいいところを取り込んで、独自のレシピを作る料理店も多く、新しい料理のレストランが大阪や東京では数多く軒を連ねています。
また、日本料理では、レストランにおいて独自のマナーがあります。洋食や中華でもこうした食事に対するマナーは多く、料理をより楽しむためにも、レストランにおけるマナーについてもあらかじめ知っておくといいでしょう。

様々な形式で予約することの可能なレストラン

レストランは、様々な形式で予約を取り付けることのできる環境が作られています。昨今はインターネットでの予約を行う人が多数存在しており、最も簡単なレストランの予約のスタイルとして定着しています。レビューサイトやレストランの予約のできる専用のページを経由して、希望する日時に予約できるところが多くなりつつあるため、迅速に予約を進められる状態が確立されつつあります。
ネットや専用のサイトを介して予約を取り付ける場合には、希望する日とコースの指定をすることがスタンダードとなっています。また、レストランを訪れる人数を決定することも、事前の予約の段階で済ませることが多いため、あらかじめレストランに行く人数を決めておくことも肝要になるでしょう。
インターネットでの予約以外にも、レストランへの直接の電話での問い合わせも、確実な予約方法として挙げられています。また、最近ではレストランの予約を簡単にできるアプリも配信されており、そのツールから予約を進めることもできるとされています。かつてに比べて、様々な形式でレストランの予約ができるようになってきており、簡単に予約を実践できる状態が形成されつつあると言えるのではないでしょうか。

レストラン選びの1、2、3

1.レストランを選ぶ時にはコストパフォーマンスを重視すべきです。
なぜなら、レストランでの食事はあまり意識していない人も多いですが、実際の金額としては洋服の一、二着が買えるような金額になることが多く、そのことから考えるとよりコストパフォーマンスがよいものをある程度時間をかけて選ぶべきなのです。これについてたただ安いお店を選べということではなく、その値段以上の価値が見いだせる選び方をするべきということです。
2.使い方や相手に合わせて選ぶ。
これはTPOの考えから、そのような集まりにふさわしい場所選びということもありますが、一緒に行く相手の好みに合わせて選ぶ必要があります。なぜなら、レストランはご飯だけが商品ではなく、その内装や雰囲気での演出も商品の一部なのです。なので、相手が食べ物や雰囲気など何を重視しているかでそのバランスを考えて選ぶ必要があります。
3.レストランは平日と週末で雰囲気が変わります。
例えばスペースが広くて平日の夜行ったらくつろげて良いお店だった、でも週末にいったらがやがやでとても話せるような雰囲気でなかったなどが起こりえるのです。なので平日、週末どちらに行くかなどで選び方を変えて行く必要があります。

フランス料理のレストランでのテーブルマナー

フランス料理のレストランで食事をする場合、気になるのがテーブルマナーです。格式高いお店でマナー違反となる行為をしてしまうと、恥ずかしい思いをする可能性がありますから、最低限のマナーをマスターしてから出掛けたいものですね。そこで今回は、フランス料理のレストランで知っておきたい、基本的なテーブルマナーをご紹介します。
まず男女での入店に際しては、レディファーストの考え方を頭に入れておきましょう。扉を開けてあげるなどエスコートしましょう。お店の方が席まで案内してくれますが、最初に着席するのは女性です。お店の方が最初に席を引いた場所が上座ですから、女性あるいは招待された方が着席します。一般的に、お店の入り口から遠い位置にあたる席が上座になります。
着席後して注文を終えたくらいのタイミングで、テーブルの上のナプキンを二つ折りにして膝に置きましょう。ナプキンは食事中に口を拭う際などに利用します。自分のハンカチなどで拭うのはマナー違反になりますから、注意しましょう。
テーブルの上に置かれているカトラリー類は、料理が出される順番に合わせて、外側から順にセットされています。そのため両端とも外側から使用していけば大丈夫です。
食事中、手を休める場合はナイフフォークをお皿に対してハの字に置きます。食べ終わった場合はお皿の下半分に横にして揃えて置きましょう。また、お肉やお魚料理を切る場合は、全て一度に切り分けるのではなく、食べる度に切るのがマナーですから、覚えておきましょう。以上が、フランス料理のレストランでの、最低限は知っておきたいテーブルマナーですから、覚えておきましょう。